東京都のネズミ駆除は、株式会社マウス&バスターズ東京がイチバンだと自負しております。

ネズミ駆除は2日間で終わらせ、駆除後は3年間の再発保証をつけています。
当社よりも短い期間で、長期保証がついてる業者がありましたらぜひお知らせください。

都内全域よりネズミ駆除のご相談をいただいており、2021年6月現在、1週間待ちとなっております。

現地調査については、すぐにお伺い可能です。
調査無料ですので「ネズミかな?」と思った程度でもご相談ください。

東京都のネズミ駆除はたった2日間でネズミ完全駆除し、3年間のねずみ再発保証付きです

株式会社マウス&バスターズ東京

東京都を担当するネズミ駆除業者です。都内全域をご対応しています。
ネズミ駆除2日間で完了させる全国屈指の駆除業者。

東京本社:
〒153-0063
東京都目黒区目黒1-4-16 目黒Gビル7F

営業所:
〒142-0062
東京都品川区小山3-13-8

当社は社名にも込めているように、ネズミ駆除を専門としている業者です。
日本一のネズミ駆除技術であると自負しています。

東京都のネズミ駆除は2日間で完了・3年保証付き

日本一のネズミ駆除業者としては、他社との違いは3つあります。

・ネズミの完全駆除を「2日間」で終わらせること

・ネズミ駆除完了後「3年間の保証」をつけること

・施工箇所以外からのネズミ再発も保証する「建物全体の保証」をすること

東京都内全域ネズミ駆除は2日間で完全駆除できます

ほとんどのネズミ駆除業者は・・・
ネズミ駆除が終わるまで1〜2ヶ月かかると言います。
3ヶ月かかるという業者もいます。

それは技術がないからです。

技術力のあるネズミ駆除業者ほど、短期間でネズミ駆除を終わらせることができます。

そもそも、ネズミが家にいる状態で1ヶ月も2ヶ月も3ヶ月も我慢するのはとても辛いと思いませんか?

ネズミの足音で夜も眠れず不眠症になります。
台所でお料理中にネズミが出てくるかもしれません。
夜中のトイレでバッタリ遭遇してしまうかもしれません。

ネズミ駆除業者に依頼しても、そんな状態であと2ヶ月も3ヶ月も我慢できません。

その様な思いをしていただかないよう、当社では2日間でネズミ駆除を完了させています。
お受けした9割は2日間・2回の訪問で完全駆除しています。

東京都のネズミ駆除を対応する建物

東京都のネズミ駆除を対応する建物は、一戸建て、アパートマンション、飲食店、スーパー、倉庫、工場、ビル、店舗、事務所です

東京都内はネズミ駆除後3年間の保証をしています

ほとんどのネズミ駆除業者は・・・
駆除完了後にネズミの再発保証をしてくれません。

保証があっても3ヶ月や半年、長くて1年というところです。

ネズミは再発することがとても多い動物です。
家の劣化した箇所をかじって、隙間を作り侵入してきます。

一度ネズミ被害に遭うと再発することが多いため、保証は絶対にあったほうがいいのです。

保証がないのは論外で、3ヶ月・半年では短すぎます。
ネズミは秋に家に入り込んできます。
ワンシーズン様子を見るためにも、少なくとも1年は必要です。

当社は3年間保証をいたします。
3年間ネズミの再発がないように駆除施工できる自信があるためです。

万一、ネズミが再侵入した場合には、無償で何度でもご対応しています。

どんなに技術があり優秀なネズミ駆除業者でも、ネズミが再発がゼロというところはありません。

少しでも長い保証と駆除技術に自信がある業者をお選びいただければと思います。

家全体の丸ごとネズミ再発保証です

ほとんどのネズミ駆除業者は・・・
侵入口を施工した箇所のみの「限定保証」です。

これは絶対にいけません。
このサイトを他のネズミ駆除業者と一緒に立ち上げた1つの理由でもあります。

もし、半年後にネズミが再発したらどうなるでしょうか?
駆除業者は、「封鎖した箇所は問題ありません。別の場所にネズミが穴を開けて侵入したようです」
と言います。

別の場所にネズミが穴を開けたので、保証対象外となってしまいます。
駆除を依頼する場合は、「追加料金」がかかることになってしまいます。

再発保証を大きく謳いながら、実際に再発すると料金がかかることから、保証に関するトラブルが多く発生しています。

当社は、ネズミがどこから再侵入しても家全体を保証する「建物全体のネズミ再発保証」としています。

全国にネズミ駆除業者はたくさんありますが、建物全体を保証するネズミ駆除業者は、ほんのわずかです。

ほとんどが、封鎖施工した箇所のみの保証となっていますので、保証内容をよく確認してみてください。

ネズミ駆除業者とわからないよう訪問します

当社は、
・代表の畠山が自ら現地調査にお伺いいたします。(お電話も畠山から必ずいたします)
・現地調査は作業着ではなく、ジャケットと革靴でお伺いします。
・また、調査は車ではなく公共交通機関を利用しますので駐車場等のご心配は要りません。

飲食店は言うに及ばず、一般家庭の戸建でも、ネズミ駆除と周りご近所に知られないに越したことはありません。

現地調査の際や、実際の駆除の訪問時に、車に「〇〇消毒」や「防除〇〇」などと、社名やサービス名をアピールしている業者も多く存在します。
一見ネズミ駆除と、わかりにくいサービス名であったとしても、今の時代ネットで調べればすぐに何をする業者か、わかってしまいます。

当社では、ネズミ調査時には、車では訪問しません。
駆除作業時は、作業道具があるため車になりますが、社名やサービス名は一切入れていません。

作業着にも社名を入れていないため、ネズミ駆除業者が来ているとわかることはありません。

ネズミ駆除の技術だけでなく、こうしたお客様への配慮も大切にしています。

ネズミ現地調査は1時間ほど

ネズミかな?と思った程度で構いません。
まずは現地調査にお伺いし、ネズミの状況を調査いたします。

調査は1時間ほどです。
建物の外周と内部のネズミ被害状況と侵入口の確認調査をしていきます。

建物外周のネズミ調査

まずは建物の外周部をチェックしていきます。
お家を例に建物の外周のネズミ調査をご紹介いたします。

床下換気口のネズミ侵入口

戸建の場合、ネズミ侵入経路の一番多い箇所が床下換気口です。
指2本ほどの隙間があれば、ネズミは簡単に侵入してしまいます。

床下換気口の隙間がそもそも大きく開いている場合と、劣化により錆びたりして壊れている場合、ネズミがかじって壊している場合の3パターンがあります。

ネズミは、床下換気口から床下に潜って壁の中を通り、天井裏に侵入していきます。
また、配管の隙間から室内に直接入り込むこともあるため、床下経由のネズミ侵入は最も警戒すべきポイントです。

水道・給湯器配管のネズミ侵入口

水道管や給湯器などの配管引き込み口もネズミ侵入経路の多い箇所です。

最近のお家と違って一昔前の一戸建ては、家の基礎部分から配管が引き込まれていることが多く、配管周りに大きな隙間が開いていることがよくあります。

指どころか腕が入るほどの隙間であることも多く、ネズミやイタチ、ハクビシンも侵入してくることがあります。

ネズミが入り込んでいる形跡がないか、ラットサインやフンを確認しながら、侵入経路を断定していきます。

換気扇からのネズミ侵入

換気扇からネズミが侵入してくることも多くあります。

換気扇のスイッチを入れると、外壁の換気口の蓋が開いて空気が流れる仕組みものは、蓋が空きっぱなしになっていることがあります。

このようにネズミが入りやすい換気扇もありますので、そうしたものかどうかも調査段階で確認していきます。

外壁の水切りからのネズミ侵入

外壁の水切り部分の隙間からネズミが侵入することがあります。

隙間から外壁の壁の中を登って天井裏などへ侵入していきます。

基礎と外壁の間に、水切りという箇所が家の外周を覆っています。
この部分に隙間ができていることで、ネズミが侵入していきます。

直接目で見ることは難しいこともあり、指で隙間がないか感覚を頼りに調査していきます。

雨戸袋からのネズミ侵入

雨戸は使っていますか?

毎日使っていればネズミ侵入の可能性は低くなりますが、もし使っていない雨戸の場合は、ネズミの侵入経路となりやすい箇所です。

雨戸袋の手を差し込む箇所の穴から、内壁に入り込んで家の中にネズミが侵入します。

ラットサインを頼りに侵入特定していきます。

建物内部のネズミ調査

建物内部のネズミ調査についても、戸建を例にご説明いたします。

玄関上がり框からのネズミ侵入

玄関の上がり框(かまち)からネズミが室内に侵入してきます。

上がり框は特に両側が開いていることがあり、ライトで確認したり、手を入れて開いていないかチェックします。

水回りからのネズミ侵入

水回りは、配管の周りの隙間具合を確認していきます。
台所、洗面所、トイレなど、床下から伸びる配管の周りに多くは隙間ができています。

また、台所の裏側も確認します。
壁との間に隙間ができていることも多く、ネズミが壁から出てくるポイントとなります。

配電盤からのネズミ侵入

電気ブレーカーが設置してある配電盤からもネズミが室内に侵入してきます。

配電盤から壁に向かって配線が伸びており、配線の周りは指が数本入るほどの隙間が開いています。ラットサインを頼りに、ネズミ侵入を確認していきます。

和室の長押

和室の長押もネズミ室内侵入ポイントです。

長押は板で隠れていますが、その中は壁の隙間がバッチリと開いていることがあります。
長押の裏はスカスカの隙間だったりします。

隠れて見えないため、手で触って確認します。

天井裏のネズミ生息

どの駆除業者も室内で最初に確認する箇所が天井裏なのではないでしょうか?

ネズミのほとんどは、まず天井裏に身を隠します。
ネズミ被害が出ている、どの家でも天井裏にいるのはほぼ間違いありません。

そこを逆手にとって、駆除業者は依頼主に不安を煽ることがあります。

天井裏がネズミの巣になっていて大変なことになっている。
断熱材がボロボロにされていて全部変えた方がいい。

などと、不安を煽って早く決断させようとしたり、高額な金額で契約を取ろうとしますので気をつけてください。

ちなみに、当社は調査で天井裏を確認しません。

これには理由があり、早期ネズミ駆除を完了する上で大切なことで、企業秘密とさせていただいております。

東京都のネズミ駆除の施工事例をご紹介

それでは、実際の当社が行った東京都のネズミ駆除の事例をご紹介していきます。

東京都のネズミ駆除は、やはり飲食店やビル・施設が多いですが、半数は一戸建てのご依頼です。
どのような駆除を行っているかご紹介いたします。

東京都目黒区のネズミ駆除の事例

目黒区の築30年ほどの一戸建てでのネズミ駆除と防除施工の事例です。
築年数が経過していましたのでネズミの侵入口となる箇所がいくつか見受けられました。

一戸建てのネズミ侵入口のポイントの長押(なげし)

ネズミ駆除の前の調査段階で確認する箇所のひとつが長押です。長押はもともと柱を固定するためのものだったようですが、今では装飾のためにあるようなもので、多くの方は服をハンガーでかけたり雨の日は洗濯物をかけたりしていると思います。

ネズミ侵入口の長押

長押の裏側の壁は見えないため、家を建てるときに費用を削るために、壁が少し短くしている場合があります。(見えないですし、家の構造上特には問題がないためですが、、)

長押しネズミ侵入箇所

すると、壁の隙間が数センチ開いていることがあり、壁の隙間と長押の間からネズミが出入りしてきます。

ハンガーやフックを引っ掛けたりすることで壁に穴が開いていることもあります。

長押部分を金網で塞ぐ

長押ネズミ侵入対策

目黒区のこちらのお宅では、長押からネズミが侵入できないように、金網を使って封鎖しています。

このときに壁と長押との隙間にピッタリ合わせて隙間を埋めることが大切です。
ネズミは一度侵入した箇所を覚えていて、侵入できないとかじったり、押したりしてなんとかもう一度侵入できないかと試みます。

3年間と長期保証をしている当社では、基本的に2度とネズミ被害が発生しないように徹底した封鎖施工を行います。

一度、当社でネズミ対策を行いますと再発はほとんどありません。もちろん別の場所をかじって穴を開けて侵入してくる場合もありますので、100%というわけにはいきませんが。

3年の間に別の場所からネズミが入ってきても保証対象としていますのでご安心いただけると思います。

東京都大田区のネズミ駆除(築30年一戸建て)

東京都大田区の築30年程の戸建ネズミ駆除に訪問いたしました。
築年数が経過していますが、外観はまだまだ綺麗でした。

30年近く住まれて一度もネズミ被害に遭うことも、気配も全くなかったとのことです。
半年前から夜に天井裏で走るような音が聞こえたりしており、最近その頻度が増えてきて、眠れなくなってしまったそうです。

ここ1ヶ月前から、家の中の食べ物がかじられるなど被害が発生したため、本格的な駆除をということでご依頼となりました。

外観は綺麗でしたが、ご覧のように軒天が壊れており、配管を伝ってネズミが室内に侵入していました。

東京都大田区一戸建てネズミ侵入口

ネズミを見かけるようになると被害が中期から末期段階です

ネズミはとても警戒心が強いので、滅多に見かけることはありません。クマネズミは特に臆病で、安全なところを選んで行動するほどです。

しかし、危険がない安全な家だとわかるとネズミはだんだんと大胆な行動に出ていきます。滅多に姿を見せないネズミを見かけるようになるとかなり被害が進んでいる状況です。

警戒している段階では、外で食事をして、侵入した家は寝ぐらにします。
しかし、家に侵入してだいたい3ヶ月から半年くらい経つと、キッチンや仏壇のお供物の食べ物をかじったりして家の中を徘徊し始めます。

姿を見なくても、ネズミにかじられた跡や、周辺にフンが落ちていることで家の中に入ってきていることに気づくことが多いと思います。

さらに進むと、人が生活している中で、まるで自分の家のように走り回るネズミもいます。

ネズミの侵入経路を把握し封鎖する

ネズミを完全駆除するには、ネズミの行動を予測し、侵入ルートを1つ1つ丁寧に封鎖していくことです。

写真のように、ネズミが軒下の壊れたベニヤから侵入していました。下の配管パイプを伝って、ネズミがジャンプし穴の開いた箇所から侵入していました。

このお宅のご主人も、ネズミ通っているのがわかっていたそうで、下の配管パイプ部分にネズミ避けにとタワシを巻きつけていましたが、この程度ではネズミは全く動じません。

ネズミの侵入経路と侵入口がわかっている場合は、1つ1つ侵入口を封鎖していきます。

当社は3年間の保証のため封鎖資材も固いものを使用します

ネズミの侵入封鎖の資材は、なるべく固いものを使用して封鎖していきます。ネズミは少しでも齧れる箇所があれば、コンクリートでさえもかじって穴を開けて侵入してきます。

東京都大田区ネズミ経路の封鎖

パンチングメタルという資材で全面的に穴を封鎖しました。当社が使用するパンチングメタルの厚さは1mmです。ほとんどの業者がペラペラの金網や厚さ0.5mmのパンチングメタルを使用していますが、当社はより厚いパンチングメタルを使用します。

基本全ての駆除現場には、3年間の保証をつけているため、外れたり、かじられて再侵入がされないよう、より強固で頑丈な素材で徹底封鎖をしていきます。

メインのネズミ侵入口はこちらでしたが、他にも侵入形跡の箇所がありましたので、予防もかねて計7箇所の封鎖施工を行いました。

東京都のネズミ駆除は2日間の2回で完全駆除しています。

当社では、ネズミ駆除に1ヶ月も2ヶ月もかけて行うことはしません。2回の訪問、2日間の駆除施工で終わらせています。

こちらの東京都大田区のお客様も2回の駆除施工で完了して3年間の保証をつけています。費用は18万円でした。

ネズミ被害に遭われている方は、1日でも早く元の生活に戻りたいと願っています。また費用もなるべく抑えたいというのは当然です。

当社は2回施工、3年保証で費用もグッと抑えてネズミ駆除を行っています。
現地調査も無料です。

東京都武蔵野市ネズミ駆除

一戸建て

Pricing Table Image

武蔵野市の築35年の戸建
ネズミ駆除に訪問いたしました。

東京都大田区ネズミ駆除

一戸建て

Pricing Table Image

大田区の築32年の戸建
ネズミ駆除に訪問いたしました。

東京都狛江市ネズミ駆除

アパート一棟

Pricing Table Image

狛江市のアパート
ネズミ駆除に訪問いたしました。