目黒区のネズミ駆除は、目黒区目黒にあるマウス&バスターズ東京へ
他社が1ヶ月・2ヶ月かかるネズミ駆除を2日間で完全駆除する業者です。
駆除後は3年間の保証も付いています。
ネズミ駆除の技術日本一を自負しています。

ネズミ駆除わずか2日で完全駆除・3年保証付き

目黒区のネズミ駆除は目黒区のネズミ駆除業者へ ネズミ駆除の技術日本一を自負している業者です

株式会社マウス&バスターズ東京

目黒区のねずみ駆除は2日で完了します。
建物全体を3年間の再発保証もしています。

本社:
〒153-0063
東京都目黒区目黒1-4-16 目黒Gビル7F

目黒区目黒を拠点としている株式会社マウス&バスターズ東京の畠山と申します。

ネズミ駆除の技術は日本一であると自負しています。
その理由は、他の業者ができない2日間でネズミ駆除を終わらせることができるためです。

他社でぜひ聞いてみてください。
ネズミ駆除は少なくとも2週間~1ヶ月はかかると言います。2ヶ月かかるという業者もいます。

ネズミ駆除を依頼して、そんなに長い間も我慢できるでしょうか?夜中もガソゴソと家の中を徘徊するネズミです。1日も早く駆除してほしいと思っていらっしゃると思います。

目黒区のネズミ駆除は2回の訪問で完了

当社はネズミ駆除を2日間・2回の訪問で終わらせています。

難しい現場もあるので100%とはいきませんが9割の現場で2回、少なくとも3回の訪問で終わっています。

ネズミの侵入口を全て特定し、一気に封鎖工事を行っていきます。
急展開にネズミもビックリして出ていってしまいます。

ネズミ駆除に1週間もかかりません。
目黒区のネズミ駆除はまずは当社にご相談ください。

お客様や周りご近所にも配慮日本一

ネズミ駆除技術だけでなく、様々な配慮も日本一だと自負しています。
理由は3つです。

  • 現地調査は代表自らお伺いし、ジャケットと革靴で訪問します
  • 現地調査は車ではなく、公共交通機関でお伺い
  • 駆除作業の車や作業着には社名もサービス名も入れていません

兎にも角にも、ネズミ駆除だと周りご近所に分からないよう配慮しています。

ネズミが出ていると知られたくないという気持ちはごく普通の感覚です。

そのため、調査の段階では周りご近所に余計な警戒をされないよう、作業着ではなくジャケットと川口で訪問し、車ではなく公共交通機関でお伺いしています。
また、代表の畠山が必ず調査にお伺いします。

駆除作業の際は、どうしても作業道具や脚立などがあるため車となりますが、車にも作業着にも社名やサービス名や一切入れていません。

〇〇サービス、〇〇防除、など大きくアピールしている業者もいます。
社名やサービス名をネットで調べればすぐにわかる時代です。

駆除作業もほとんどが侵入封鎖工事ですので、何かの修繕かリフォームしているのかといった感じです。

大規模に煙を撒いてネズミを追い出すなどしませんので、周りご近所にネズミ駆除を知られることはありません。

目黒区は住宅が密集していますので、様々な配慮をしながら短期間でネズミ駆除を終わらせます。

目黒区のネズミ駆除は3年間の再発保証付き

ネズミは駆除をして、侵入口を封鎖しても再発することがあります。
これはどんなに優秀な駆除業者が行っても再発率ゼロということはあり得ません。

ネズミは、封鎖した箇所と別のところをかじって穴を開けて入ってくるためです。

そのため当社では、ネズミ駆除後3年間の再発保証を付けています。

保証期間中に万一、ネズミが再侵入した場合はネズミを追い出しと、侵入口の封鎖工事を無償で何度でも行います。

ネズミ駆除をしてお金をもらったらそれっきりという業者もいますが(こういった業者を今まで何度もお客様から聞いています)、駆除完了後も3年間の長期保証でフォローさせていただきます。

目黒区で行ったネズミ駆除の作業をご紹介いたします

目黒区で当社が行ったネズミ駆除の作業事例をご紹介いたします。

目黒区でのネズミ駆除は飲食店関連も多いのですが、一戸建て住宅からもご相談が多くなっています。
築年数の経過した一戸建てはネズミ被害に遭いやすく注意が必要です。

目黒区のネズミ駆除の作業その1

目黒区の築36年の一戸建ての方よりネズミ駆除のご相談です。

お世話になります。
ネズミが部屋の中を走り回るようになって困っております。
半年ほど前から天井裏でガサゴソと音がしているだけでしたが、最近になって食材の袋や洗面所の石鹸を齧られております。
もうすぐ孫も生まれ一緒に生活することになることもあり、急ぎ対処が必要かとご相談した次第です。
ネズミのフンも部屋に落ちており、ウイルスや感染症の心配もしております。
一度調査のほどお願いいたします。

お孫様がお産まれになるそうで、これは至急ネズミ対策をしなければなりませんね。

ご相談の中にもありますが、ネズミは本来、警戒心が強い動物なので人前には出てこず、天井裏や壁の中にいることが多いのですが、だんだん慣れてくると室内に出てこれる隙間から部屋の中の食材などを物色します。

こうなるとネズミは天井裏や壁の中だけでなく家全体を行動範囲とし、あらゆる箇所にフンを散乱していきます。

ネズミのフンには非常に怖いウイルスが付着していることもあり、食中毒や感染症を引き起こしますので絶対に素手で触ってはいけません。

時間もあまりないということで、急ぎ作業のご依頼となりました。

今回も2日間でネズミを駆除していきます。

配電盤から室内にネズミが出てきます

一般家庭に限らず、どの建物にも必ずある配電盤。

ここからネズミが室内に出てくることが非常に多く、ネズミ出入口のポイントの1つです。

目黒区のネズミ駆除 配電盤

配電盤の蓋を開けた状態です。

配電盤は壁に据え付けられており、ここから壁の中を通ってあらゆる部屋へ電気ケーブルが張り巡らされていくのですが、壁にはケーブルを引き込む穴が必ず開いています。

目黒区のネズミ駆除 配電盤

ご覧のように黒いケーブルが3本壁から出ているのが分かると思います。

壁に穴が開いているため、換気扇を回すと風が流れるのもわかるほどです。

こうした箇所から、壁の中にいたネズミが室内に出入りするようになります。

配電盤の上にはネズミが通った足跡と、壁にはネズミが頻繁に出入りしていた証拠であるラットサインが見えます。

ラットサインとは、ネズミが通ることで体の汚れが壁に付着し黒っぽい汚れとして見えるものです。

ネズミのフンやラットサインは、ネズミの通り道と侵入経路を把握する上で重要な情報となります。

配電盤から出てくる配線の穴を塞ぎ、室内からこの配電盤に入っていた箇所をメタルとパテで封鎖しました。

ネズミ駆除というと、粘着シートを敷き詰めたり、殺鼠剤を置いたりするイメージが強いと思います。実際に他の業者はほとんどそうです。

しかし、当社はそのようなことはほとんどしません。

ネズミがいないタイミングを見計らって一気に出入口を塞いでいきます。
これが2日間でネズミ駆除を完了されるポイントです。

他社が1ヶ月・2ヶ月かかるところを当社は2日で終わらせます。

目黒区のネズミ駆除の作業その2

目黒区の築30年ほどの一戸建てでのネズミ駆除と防除施工の事例です。
築年数が経過していましたのでネズミの侵入口となる箇所がいくつか見受けられました。

一戸建てのネズミ侵入口のポイントの長押(なげし)

ネズミ駆除の前の調査段階で確認する箇所のひとつが長押です。長押はもともと柱を固定するためのものだったようですが、今では装飾のためにあるようなもので、多くの方は服をハンガーでかけたり雨の日は洗濯物をかけたりしていると思います。

ネズミ侵入口の長押

長押の裏側の壁は見えないため、家を建てるときに費用を削るために、壁が少し短くしている場合があります。(見えないですし、家の構造上特には問題がないためですが、、)

長押しネズミ侵入箇所

すると、壁の隙間が数センチ開いていることがあり、壁の隙間と長押の間からネズミが出入りしてきます。

ハンガーやフックを引っ掛けたりすることで壁に穴が開いていることもあります。

長押部分を金網で塞ぐ

長押ネズミ侵入対策

目黒区のこちらのお宅では、長押からネズミが侵入できないように、金網を使って封鎖しています。

このときに壁と長押との隙間にピッタリ合わせて隙間を埋めることが大切です。
ネズミは一度侵入した箇所を覚えていて、侵入できないとかじったり、押したりしてなんとかもう一度侵入できないかと試みます。

3年間と長期保証をしている当社では、基本的に2度とネズミ被害が発生しないように徹底した封鎖施工を行います。

一度、当社でネズミ対策を行いますと再発はほとんどありません。もちろん別の場所をかじって穴を開けて侵入してくる場合もありますので、100%というわけにはいきませんが。

3年の間に別の場所からネズミが入ってきても保証対象としていますのでご安心いただけると思います。

株式会社マウス&バスターズ東京

ネズミ完全駆除を2日で終わります。
3年間の保証付きです。
現地調査・お見積もり無料

東京本社:
〒153-0063
東京都目黒区目黒1-4-16 目黒Gビル7F

営業所:
〒142-0062
東京都品川区小山3-13-8