狛江市にてネズミ駆除に訪問いたしました。アパートの住人からたびたび壁の中から音がしたり、ネズミの糞らしきものを見かけたとのことでした。今回はアパート一棟の全面ネズミ駆除のご依頼です。

ネズミの気持ちになって調査する

ネズミ駆除をする上で一番大切なことが、ネズミがどこから入ってきているのか徹底的に調査することです。

ネズミの通った形跡がないか、穴はどこか?と調べてたり、考えがちなのですが、まずは全体をよく見渡します。

自分がネズミだったら、どのようなルートでこの建物に侵入するか、ネズミ通りやすかったり登れそうな柱や配管はないか、よく観察します。

すると、ネズミが通った跡であるラットサインと呼ばれるネズミが擦り付けた黒い汚れが見つかったりします。その通り道沿いをライトで確認するとネズミのフンが落ちていたりもします。

ネズミは歩きながらもフンをするので、フンがあると通り道であることがわかります。

雨戸袋がネズミの侵入口

今回の狛江市のアパートの場合、雨戸袋がネズミの侵入口となっていました。

ネズミ侵入口の雨戸袋

この雨戸袋を侵入すると壁に入れる隙間があり、そこから壁を通ってアパート内にネズミが侵入していたようです。

さて、この雨戸ですが、住人の方に事前に確認していただいたところ、誰も使用していないということでした。

毎日定期的に雨戸を使っていれば警戒心が強く臆病なネズミは侵入してこなかったかもしれません。

一戸建てでも雨戸袋がネズミの侵入ルートとなっているケースがかなり目立ちます。もし使っていないのでしたら、ネズミが害虫の侵入口となりますので閉塞することが好ましいですね。

誰も使っていない雨戸ということでしたので、住人の方と大家さんの合意で、閉塞することといたしました。

外から作業を行った方がやりやすいと当社のネズミ駆除職人がハシゴを使って閉塞作業を行っています。

アパートも3年間の保証をいたします

当社はネズミ駆除完了後、3年間の保証をしていますが、アパートも基本的に同様の保証をしています。住人の方のご協力が得られず、封鎖できない箇所があるなど、状況によって保証をつけられないケースもありますが、多くの場合、保証をつけています。

ステンレスの柱と穴が開いて雨戸を引き出す部分はパンチングメタルを使用し完全に封鎖しました。これで2度とここからネズミが侵入することはありません。

他にもいくつか閉塞する箇所がありましたが、基本これでネズミの心配はなくなりました。

狛江市周辺もネズミ被害が多いエリアです。被害が深刻になる前に早めの対処することで時間も費用もかからず済みます。

現地調査・お見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください。

東京都狛江市のアパートのネズミ駆除を施工した業者はこちらです。

株式会社マウス&バスターズ東京

東京都を担当するネズミ駆除業者です。都内全域をご対応しています。

東京本社:
〒153-0063
東京都目黒区目黒1-4-16 目黒Gビル7F

営業所:
〒142-0062
東京都品川区小山3-13-8