大阪のネズミ駆除を対応するオススメ業者1社をご紹介しています。
駆除業者が集まって運営している当サイトで選んだ、大阪で一番オススメできる業者です。
ネズミ駆除歴40年ありJA(農協)の指定業者となっており、評判も良く、適正価格でありながら、最長3年間の保証がついており安心できます。

大阪のネズミ駆除はネズミ駆除歴40年・JA(農協)の認定業者・最長3年の保証契約

株式会社ラット(大阪ネズミ駆除職人)

昭和54年創業・JA(農協)の指定業者

本社:〒578-0945
大阪府東大阪市若江北町2-8-3

大阪のネズミ駆除を40年ご対応しています。
ネズミ駆除は最長3年間の保証契約となっており、多くの方に喜んでいただいております。

大阪のネズミ被害については、繁華街の飲食店も多いのですが、築年数20年を経過した一戸建てで、毎日ネズミ被害のご相談が来ている状況です。

一戸建てでも築年数が経過しますと、ネズミが侵入できる穴が増えますし、ちょっとした隙間をかじって大きな穴を開けて侵入してきます。

大阪では以前はドブネズミが多かったのですが、最近ではより運動力と知能が高いクマネズミがかなり増えてきています。
クマネズミになりますと、垂直に登ったり、1mくらいは軽くジャンプできますので、通常では考えられないような場所からの侵入も多くなっています。

JA(農協)の指定業者です

当社は、30年に渡りJA(農協)の指定業者に認定いただいております。

ネズミ駆除業者として、数少ない認定業者となっており、ネズミ駆除の技術力と適正価格でのご対応に努めております。

最長3年のネズミ再発保証契約

どんなに優秀なネズミ駆除業者に頼んでも、ネズミの再発がゼロという業者はありません。
ネズミの侵入口をしっかり塞いでいても、家の劣化した部分をかじることで穴を開けて入ってくることがあるためです。

ネズミ駆除において、保証は必要不可欠です。

当社では、ネズミ駆除で最長3年の保証契約としており、期間中にネズミが再侵入した場合には、費用を一切いただかずに、何度でもご対応いたしております。

保証契約期間は、最初の現地調査・お見積りの段階で、ご提示いたします。
ネズミ被害状況や建物の状態などを考慮して期間が決まります。

建物全体のネズミ再発保証

ネズミ駆除業者もネズミ再発保証を行う業者も増えていますが、そのほとんどは、
「封鎖工事をした箇所のみの限定保証」です。

ネズミは封鎖した場所と違うところをかじって再侵入してきます。
限定保証の場合、再発しても保証を受けられず、追加費用が取られることになります。

そもそも封鎖工事した箇所からネズミがまた入ってしまったら、保証というよりやり直しするべきではないでしょうか?

こうした限定保証は、全く意味がないと考えています。

当社では、封鎖工事した箇所はもちろん、別の場所でネズミがかじって穴を開けて入ってきた場合にも、保証対象とする「建物全体のネズミ再発保証」としています。

どこからネズミが再侵入しても保証期間中は何度でも対応しますので、ご安心ください。

大阪府全域のネズミ駆除を対応

大阪府のネズミ駆除は、下記の本社・営業店より無料現地調査・見積もりを迅速にご対応しております。

大阪本部:〒578-0945 大阪府東大阪市若江北町2-8-3

大阪営業店:〒572-822 大阪府寝屋川市木田元宮1-11-7

大阪府のネズミ現地調査・お見積りは無料です

ネズミを実際に見ていなくても、音がしたり、フンらしき物があったりした場合でも、早めにご相談ください。

ネズミ現地調査は無料でお伺いいたします。
調査を行い、ネズミ対策の費用をお見積りいたします。

現地調査の際の交通費や駐車場代なども一切いただきませんのでご安心ください。

現地調査について

現地調査では、ネズミ駆除のお見積りのために、ネズミの被害状況、侵入口の確認、建物の状況などを調査いたします。

調査の時間は1時間弱です。

調査箇所(建物外周)

建物の外周は、エアコンホースの導入部分、ガス給湯器・水道などの配管引き込み口、床下換気口、基礎と壁の隙間、雨戸袋や壁の屋根の隙間など、ネズミが侵入する隙間がないかチェックしていきます。

ネズミは1cmほどの隙間でも入り込むため、目視だけでなく、指で触った感触なども頼りに、侵入口を見つけていきます。

調査箇所(建物内部)


建物内部では、まずは天井裏や床下の確認を行います。ほとんどのネズミは天井裏に隠れて巣を作ることが多いです。

天井裏から、天袋や壁を通って、室内に出てきますし、床下からはキッチン・トイレ・洗面所・お風呂場などの水回り配管部分などから室内に入り込みます。

システムキッチンなどの場合は、壁との隙間などからも入ってきます。
和室の長押や玄関かまち、外れたコンセントカバーなどもネズミ侵入ポイントとなります。

調査が完了しましたらお見積金額を算出します

ネズミ駆除お見積もりは、ゆっくりご検討ください

お見積りまでは無料です。

ネズミ駆除費用の見積金額をご提示した後すぐにご決断いただく必要はありません。
数日ゆっくりとご検討ください。

契約を迫ったり、しつこく営業電話をすることもありませんのでご安心して、調査のご相談ください。

駆除費用、駆除内容、保証契約期間、会社の信頼性、訪問した担当者など、ご納得いただいた段階でまたご連絡ください。

大阪のネズミ駆除の対応する建物

得意な建物は、一戸建て、アパートマンション、飲食店、スーパー、倉庫、工場、ビル、店舗、事務所です

ネズミ駆除の作業について

当社ではまずは徹底した侵入経路の調査を行い、侵入口を1つ1つ確実に塞ぐ「防鼠(ぼうそ)」作業を行っていきます。
侵入経路を遮断することで建物にネズミを2度と入らせないようにしていきます。

当社のネズミ駆除は4つの作業を行っています。

ネズミの追い出し、捕獲

殺鼠剤と粘着シートを併用して、ネズミの追い出し・捕獲を行っていきます。

粘着シートはネズミの習性を理解した者が、効果的に配置していきます。

ネズミは軽々1mくらいジャンプしますので、粘着シートを飛び越えてしまいます。
警戒心の強いネズミは粘着シートには簡単には捕まりません。

そこで殺鼠剤を併用します。

ネズミは殺鼠剤も簡単には口にしません。
駆除歴40年の独自の手法で、殺鼠剤に一手間かけて使用していきます。

殺鼠剤を口にしたネズミは、視力が弱り明るい外に出て行こうとします。
また、殺鼠剤の影響により、運動神経に鈍ったネズミが粘着シートにかかりやすくなります。

殺鼠剤と粘着シートを効果的に使い、ネズミの追い出し・捕獲で早期に解決していきます。

ネズミ侵入経路の封鎖

ネズミ駆除において最も大切なことが侵入経路の封鎖です。
ネズミは追い出したり、捕獲しても、侵入経路がある限り何度でも再発します。

一度ネズミ被害に遭ったお家は再発率が高いのも特徴です。

2度とネズミ被害に遭わないために、侵入口を全て見つけ、徹底して封鎖していきます。

侵入口の封鎖には、金網・防鼠ブラシ・パテ・コーキング剤などを使用し、1箇所ずつ丁寧に確実に封鎖していきます。

ネズミ生息箇所の消毒・消臭

ネズミは以前、致死率の高いペスト菌の媒介として恐れられていました。
ネズミの体やフンには、様々な細菌やウイルスが付着しています。
フンなど絶対に素手で触ったりしないようにしてください。

ネズミが生息していた箇所の消毒と消臭作業を行います。

当社は、別事業でウイルス殺菌消毒の事業を行っています。
殺菌作業についてはプロが対応しますのでご安心ください。

ネズミが持ってきた細菌やウイルスを99.9%殺菌していきます。

ダニ・ゴキブリの殺虫

ネズミはウイルスだけでなく、体に寄生したダニも連れてきます。
ネズミの体についているイエダニは、噛まれると激しい痒みを発症し、完治するのに1ヶ月近くかかることもあります。

ネズミが生息している期間が長いほど、ダニが繁殖し家中に広がることもあります。

また、ネズミの糞尿によりゴキブリが発生することもあります。

被害を放置することでネズミが活動範囲を広げていき、二次被害も広がり深刻化します。

どうぞお早めにご相談ください。

大阪のネズミ駆除の事例をご紹介

実際の大阪のネズミ駆除の事例をご紹介いたします。

大阪のネズミ駆除の事例1

大阪市都島区の築23年の一戸建てよりネズミ駆除のご相談です。

天井裏をねずみが走り回っていて、日に日に音がうるさくなっています。
部屋の中では、ねずみの姿を見たことはありません。
足音だけでなく、最近はチューチューと泣き声もしており、うるさくて眠れないので、早めに駆除をしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネズミの音や鳴き声で不眠症になる方も多く、精神的にも辛くなります。
時間が経てば経つほど、ネズミの音も激しくなり被害も拡大していきます。

ネズミ現地調査にお伺いし天井裏を確認すると、なんとクマネズミが子どもを産んで巣を作っていました。

大阪ネズミ駆除の事例1

大阪市のこちらのお宅は、天井裏に断熱材は敷いていなかったため、ネズミの巣に使われていたのはビニールやプラスチック、ダンボールを集めたものでした。

ネズミの侵入口は屋根と壁の間に隙間ができており、そこをネズミがかじって穴を開けて侵入していました。

天井裏など高い場所に侵入するのは、大体クマネズミです。
クマネズミは、運動神経が抜群で柱など垂直に登ったり、電線などの綱渡りも大変得意です。

恐らく、クマネズミは電線を伝って家の屋根から侵入できそうな箇所を探して、天井裏に入り込んだようです。
侵入口には、何度も出入りした跡のラットサインが見つかりました。

ネズミの巣を撤去し、侵入口を塞ぎ、屋根裏全体の消毒殺菌を行いました。

ネズミが出産していたことや被害状況から、ネズミが侵入してきてから半年以上経過していると思われます。
いなくなったと思っても、身を潜めて隠れているだけだったり、一時的に出て行っただけのことが大半です。

ネズミかな?と思ったら早めにご相談いただけると、駆除の時間も費用もかからず済みます。

大阪市のネズミ駆除事例2

大阪市城東区の築33年の一戸建てよりネズミ駆除のご相談です。

約1年前に天井裏をかけるような音が聞こえました。お米の袋をかじられたりしました。
その時は超音波や、忌避剤、粘着シートを使用し対応しました。
粘着シートには数匹引っかかっているのも確認できています。
その後、一旦収まりましたが、しばらくして再発。
その時はお米の場所を変えたり、ザルなど使用しました。
先週ぐらいから1階2階ともに部屋内に出現するのを目撃しました。
部屋に粘着シートを置き、3匹捕まえましたが、いまだに収まらず参っています。
母も夜間の物音に過敏反応し、睡眠不足を訴えています。
お忙しい中すみませんが、早急な対応をお願いしたいです。

調査にお伺いしたところ、室内にラットサインがあちこち見受けられ、ネズミのフンも各部屋の至る所に散乱しており、ネズミが家全体を走り回っている様子でした。

1年前からネズミ被害が出ていたことから、様々なネズミが何度も家の中に侵入してきており、いったん被害がなくなっても、気づかなかっただけの可能性もあります。

ネズミも個体差があり、侵入してきてすぐに部屋を荒らすネズミもいれば、とりあえず屋根裏で様子を見ているネズミもいます。

被害がなくなっても侵入口がある限り、ネズミは何度でも再発するため、侵入口を特定し、封鎖することが大切です。

大阪ネズミ駆除の事例2

ネズミ侵入口は、エアコンホースと床下換気口でした。
侵入口を封鎖したところすぐにネズミの気配はなくなったようです。

駆除完了後には、部屋のあちこちにネズミが徘徊していたため、全ての部屋の消毒・殺菌作業を行いました。

ネズミはウイルスやダニを運んできます。
たかがネズミと侮ると、健康被害にも及ぶため注意が必要です。

大阪市のネズミ駆除事例3

大阪市生野区の築38年の一戸建てよりネズミ駆除のご相談です。

仏壇のリンゴがかじられていることで気づき、その部屋にあるカップめん、レトルトのスープ、ハンドソープの袋などいろいろかじられるようになりました。
夜は1階の廊下で見かけられたり、部屋のあちこちでガサガサと物音がしたり、毎日怯えて生活しています。
この2,3日は静かですが、またいつ始まるか不安です。
一度調査に来ていただけますでしょうか?

ネズミに怯えていらっしゃるということですぐに調査にお伺いいたしました。
フンや生息箇所を確認したところドブネズミが床下から侵入していました。

部屋の中もラットサインがいくつか見られ、床下から主に和室に入って食べ物を漁っていたようです。

大阪ネズミ駆除の事例3

侵入箇所は床下換気口で、床下にはたくさんのフンが落ちていました。
他にも、エアコンや水道などの配管部分に隙間があったため、複数箇所の侵入封鎖作業となりました。

高い場所での活動が多いクマネズミに対して、1階部分がメインなのはドブネズミです。
体が大きく大食感ですので、あらゆる食材をかじっていきます。
ドブネズミは、平面移動が得意で足が速く、姿を見せないため、余計に不安になります。

畳を剥がすと床下に通じる点検箇所があったため、そこからネズミの追い出しを行います。

室内に入り込んでいたため、細菌・ウイルスに加え、イエダニの心配もありましたので、殺菌・消毒に加え、殺虫作業も行いました。

早め早めの対処が被害を最小限に、駆除費用も安く済みます。
現地調査は無料ですので、ネズミかな?と思ったらまずはご相談ください。