ネズミ駆除対策チームはこのようにネズミの侵入経路を封鎖していきます

BEFORE

換気扇の吹きだし口です。
プロペラが止まっている時にネズミが簡単に侵入できてしまいます。
また、コウモリが巣を作ってしまうことも珍しくありません。

AFTER

パンチングメタルを使用してネズミの侵入経路を遮断します。たくさんの穴が開いていますので、換気扇の使用には問題ありません。
見た目もキレイに封鎖施工していきます。

BEFORE

床下の換気口です。
ネズミは床下を侵入経路にしていることが大変多いです。わずかな隙間でもネズミはスルリと入ってしまいます。
床下から家の中に通じるわずかな隙間を通って、壁の中や屋根裏に上がっていきます。

AFTER

ネズミにかじられても大丈夫なように、パンチングメタルを使用して確実に塞いでいきます。床下換気口がある分を全て封鎖していきます。

BEFORE

飲食店などで多いのですが、大きな機材の裏側にしっかりと穴が開いています。配線なども多い場所では、ネズミかじられることでの火災の原因にもつながりますので緊急を要します。

AFTER

配線に支障がないよう上手に封鎖施工していきます。
状況にもよりますが、あとで配線を増やしたり変えたりもできるようビスで止めていますので外すことも可能です。
見た目も、使い勝手も問題ないよう考えながらネズミ対策をしていきます。

BEFORE

軒下の写真です。この様な数センチの隙間でもネズミは侵入してきます。木造の家屋だと、齧って隙間を広げられてしまうケースもあります。

AFTER

しっかりとパンチングメタルで封鎖します。これで齧って穴を広げられる心配もありません。

BEFORE

ネズミはシャッターの隙間からも侵入してきます。シャッターの他にも雨戸の戸袋などは要注意です。

AFTER

シャッターの開閉を邪魔はせず、でもネズミは侵入できない様にしっかりと侵入封鎖施工いたします。